なぜニューロチェーンが未来のブロックチェーンなのか?

現在ブロックチェーンには数々の限界があります。一つは承認者の集中度が均一でないことです。(そのため)速度が遅く、持続不可能で規模の拡大ができません。ニューロチェーン技術は(人工)知能決断機構を基盤にした新型のブロックチェーンを増強したものです。これはボットと柔軟で拡張性のあるプロトコルに代表される一連の規律で構成されています(関与と完璧性の証明およびワークフローの証明)。これは適応型通信層を備えたネットワークかメディア上で作動します。

我々の解決策

  • 革新的な公正なコンセンサス(PII)
  • 超迅速なブロック暗号化
  • 機械学習による運営
  • 状況/環境に敏感

新しいコンセンサスはそれぞれのステークホルダーと取引売買を評価し、ランク付けします。機械学習を通し、ボットは決定可能能力を持ちかつ状況に敏感な行動をとります。

ビデオを見る 何がどのように働くのか
1805111803-408x400

実世界への応用

ニューロチェーンは集中コンピューターのビジネス応用を考案することに集中しています。その建築構成、更新プロトコル、さらに機械学習アルゴリズムによりその他のブロックチェーンとの連結性が保証されています。その他の孤児ボットは拡張されたビジネスのための肥沃な生態系を提供します。

1805111801-391x400

適応分野:

  • 金融:自動化更新を伴うデジタルKYC
  • 活力源:ソーラーエネルギー配分、貯蔵、および対等セールス
  • 追跡能力:非OGM食品追跡能力と生産者利益配分
  • 基盤管理:利益配分を伴う目的主導の契約
  • 規制されている専門家:経理、監査、人工知能基盤の提案における法執行
  • 搬送:知的環境供給連鎖の管理
  • 人事:PIIコンセンサスを基本とした精力的な調査
  • 施設:保障された公式記録と情報の共有
  • 後任のデータ貯蔵:分散エージェントにより保障された安全な情報貯蔵
  • スマートIoT: 多種類層の機械学習で駆動されているノードとともに生態系に接続されている

もっと詳しい情報をください キー

1805111759-503x400

ニューロチェーンの4つの主要な分別要因

  • 知性:ボットはネットワーク内の特定のノード上で独立して作動する知的エージェントです。これらは機械学習アルゴリズムによって駆動されています。
  • コンセンサス:新しいコンセンサスはネットワークの熱力学に基づいています。コンセンサスは非常に短い待ち時間と高いレベルの正確さを持ちます。
  • 柔軟性:ワークフローコンセンサスの証明により、ボットが相互に連携して作動することができるようになります。この柔軟な動向により収集的な人工知能の生態系が形成されます。
  • 社会性:ネットワークはアプリケーションのバンド幅の使用量を制限します。孤児ボットと標準ブロックチェーンは容易に協力し、交流社会となることができます。

ニューロチェーンニュース ニュース

Subscribe to stay updated

NeuroChain is now officially listed on Huobi HADAX Exchange! CHECK IT OUT HERE